まさかの新実績!ねこの肉球はおひさまのにおい・・・

前日、台湾にいる次女が都内に戻ってきました。次女が台湾に旅立って早3カテゴリー・・・最初は心配していたけど元気に暮らしているようでよかったよかった♪そして私のマイホームに来た内、誠に私の飼って掛かる2匹の猫の肉球を嗅ぎ出した!!びっくりして固まっておるぼくをよそに、次女は「台湾に要る距離、常にタロウとクーマに会いたかったよ〜(猫)!やっぱり猫の肉球のにおいは癒しの効果抜群!!ハッピー・・・」と猫に話しかけていました。猫の肉球のにおい・・・!今まで猫を飼ってきてそんなこと考えたこともありませんでした。ただ、ねっころがっているとき、ちらりと当てはまる桃色の肉球が眩しいな〜♪と絶えず思っていただけで・・・。次女に因ると、誠にねこの肉球からは干したての布団のにおい、つまりおひさまのアロマが講じるというのです。誠に・・・!そんなことがあろうかと2匹の肉球を直ぐに嗅いでみましたが・・・何となくくずくさいにおいが。猫砂のせいかな。しかしネットで探していると猫の肉球のにおいに癒し威力を感じている人物が多数いるみたいでした!疲れているときに嗅いでみると、はからずも日光のポカポカとしたにおいがするのかな…!猫により更に神秘を感じたこんな日でした。

まさかの新実績!ねこの肉球はおひさまのにおい・・・

大補修の仇敵とでくわしたらどうするか…あたいは…

随時やらねばと思い立ってする大清掃…基本あまり使わない製品の物置が出来ます、物置をいらっしゃる一品といらないものに隔絶しようと屑物包み片手に満杯に詰まった物置のドアを開けました、なんだか高校生時代のガイドが…取り除けるに決まってます今更授業したくありませんから、屑物包み往き、古い浮き輪たち…何十階層も前部過ぎて使うと落とし穴が開いておぼれるとか嫌なので屑物包み往き、ゲーセンでとったであろう人形…人形を置き忘れるのは気が引けるがさようならします。他にも何で今まで置いてあったのか不思議な製品が満杯出てきました、物置に入れる前に取り除けると思わなかったのか疑問におもう品々ばかりだ。中には投げ棄てたくない製品もあって漫画正規のスラムダンクが出てきました、思い出深い、私の青春時世を思い返すスラムダンク様です、全巻揃ってないのがあたいらしき…懐かしくてなんとなく読み始めたのが御法度だった…最初冊で止めるハズが無く読み続けてしまい気づけば夕刻で、ディナーを作らないといけないチャンスだ、物置の半ば上記残して大清掃は終わりました…あすも空いた時間に読もうとスラムダンクは物置から出したとおり。大清掃の敵手はあたしでした。

大補修の仇敵とでくわしたらどうするか…あたいは…

ELUAGUE GroupEsemifinal NaVi vs Echo Fox メッセージ 

map1はEcho FoxがNUKEをピック。あまり遊戯が行われない縮図で遊戯にでたが、NaViが優勢で遊戯がすすむ。
EchoFoxもコンスタントにラウンドは戻すのだが、3ラウンドとって4ラウンド無くなるという真綿で首を絞める様な推進が貫く。
元来16-9でNaViが征服し、EchoFoxの競争は挫折に終わった。

map2はoverpass。機構に失敗したEchoFoxはNaViの取り得縮図で悩むことになる。
ざっとチャンスがないままに当初は進み、4-11とNaVi優勢で折り返す。
下部もNaViが全てのラウンドを取り去り、16-4で勝利した。

一部分設問だったのが、EchoFoxが何故dust2ではなくNUKEをピックしたのか。
NaViもざっと遊戯していないが、EchoFoxもまた1たびしか見聞きが無く、それならば取り得インサイドの取り得のdust2でプレイしたほうが遥かに勝率は高かった筈。
前回の縮図ということもあるが、なんにも目論見ミスのような?が残る遊戯になった。http://www.imacsindonesia.com/musee-douhansha/

ELUAGUE GroupEsemifinal NaVi vs Echo Fox メッセージ 

漬けあがった白菜キムチを近所などにおすそ分け

今年は天候不順もあって野菜の高値が続き主婦には悩める市場の展開でした。 殊に白菜は高騰して半分、更に小さくカットしたサイズで店頭に並んでいました。数年来続けている白菜キムチの漬け込みに白菜を購入するとしたら今年は漬け込む量を極端に抑えないと出来ない程の高値でした。 我が家では夫の趣味の家庭菜園で本人の言うには出来具合は良くないとのことで、前年より少なめですが白菜の収獲があったおかげでキムチを漬けることが出来ました。毎年、近所や私の実家へも配ります。実家へは小さ目の桶が専用にあり、弟夫婦が楽しみに待っていてくれて、その期待も頑張る励みになります。実家の私の弟は発酵し過ぎて酸くなると尚美味しいと言うので大事にとっておいて一番おいしい食べごろを逃さないでね、と伝えます。隣近所も渡す家は決まっていて、ジップロップに2株詰め持って行き今年はしっかり辛いよと言うと、かけ足す唐辛子を加減するから大丈夫と言うし、激辛に強い人が多くて驚きです。ベルタ葉酸サプリ購入

漬けあがった白菜キムチを近所などにおすそ分け

30年代からの昆虫ピックアップ。クワガタとカブトを追い求めてます。

あたしは、30歳の季節から昆虫取り込みにはまってある。小学校のときは、夏休みのラジオ体操後に近所の森に行ってカブトムシやクワガタムシを探していましたが、その後は大の昆虫嫌いになってしまっていました。
しかし、30歳になったある日、幼児と一緒に昆虫取り込みに行ったことがきっかけで、童心に返って(?)、道楽になりました。
昨年は、オオクワガタを探し出しに、都内から長距離山梨県内まで行きました。5年間で未だに1匹も採ったことがなかったのですが、その日、ようやく捜し当てることができ、帰りにお子さんと2太陽だけで歓喜の焼肉を食べたことが思い出されます。
最近は、希少な各種も会社で簡単に買うこともできますが、ともかく昆虫取り込みのやりがいは、森の中に分け入って、自分の力で採集することだと思います。
昆虫取り込みの時季は夏場がメインで、終日、森や林のまん中を駆け回りますので、こういう5時世でさんざっぱらスタミナがつきました。スポーツ不十分になりがちだった私も、すっかり頑強風習に。今夏も幼児と一緒にたくさんのカブトやクワガタを採るべく、にっこりしながら今からアレンジをやるところです。話題の熊には注意したいだところです。お金 借りる 至急

30年代からの昆虫ピックアップ。クワガタとカブトを追い求めてます。

ちょっと不思議な今年のクリスマス期間を味わっています

冬至を過ぎていよいよクリスマス目前というのに、今年の冬の寒さはどこかにひっそりと隠れてしまっているかのようです。思えば先月、11月としては都内で初の積雪があったときには、数日ひどい寒さで最高気温が5度に満たないこともありました。その時には、これは厳しい寒さがやって来るだろう、と多くの人が思ったことでしょう。私もその一人でした。しかし、どうしたことか12月中旬からは妙に暖かい日が続き、日中は20度近くまで気温が上昇する日も何日かあるのです。嬉しいような、拍子抜けしてしまうような、ちょっと不思議な気分でいます。そのせいか、ちっともロマンチックなクリスマスの気分になれません。どちらかというと、明るくピクニックにでも行けそうな気分です。もしかしたら、これから年末にかけて驚くような寒さがやって来るのかもしれませんし、ここ東京はこんな具合でも、北国ではしっかりとした寒さの中でお過ごしの方もいるかもしれません。早かれ遅かれ来るであろう寒さを、予想外の暖かい空気に包まれて待ちながら、明後日のクリスマスを過ごしたいと思います。少し不思議な今年のクリスマス期間です。

ちょっと不思議な今年のクリスマス期間を味わっています

昔ながらの方法でモチ米をせろで蒸しあげる

餅つきには、まずもち米を蒸し上げるため ブリキで出来た簡易的なへっついに水を入れた釜を置きます。日前にといだモチゴメ(3升)2kg超をザルに上げて、だいたいの水気を切り、蒸籠に移しへっついにセットします。マキは15年くらい前、私の実家を解体した時の廃材です。マキが燃え上がるとかまどの中がオレンジ色の流れるような炎が揺らめき、炎は怖いけれど美しさもそれ以上にあり、信仰の場には儀式によく使われるのが解ります。 かつて住んだ家の廃材なので材木としての最後の役目を煌々と果たしているマキにご苦労様ですとの思いでした。 炎を見つめていると、蓋の間から湯気がのぼり始めたので、強い勢いの炎を少し落とすためマキの補給を加減しました。今日はふた臼つかねばなりません。ひと臼めが順調に蒸しあがって来て一安心です。 餅つきをする場所は自動車の車庫ですが自動車は既に出し、息子と夫とで真ん中に臼の備え付けが終わっていました。

昔ながらの方法でモチ米をせろで蒸しあげる

傘を持参するかどうかの私自身のせめぎ合い

今日は夜に本降りの雨になるという予報でした。しかも、強風というオマケ付きで。私は朝の出勤前に必ず天気予報を確認します。朝起きた時に雨が降っていれば、もちろん傘を差して出掛けるので、その場合は問題ありません。ただ問題なのは朝に雨が降っておらず、しかし降水確率が60%前後の時です。
私が仕事のある時に外出する時間帯は、朝と夕方と深夜の僅かな時間帯だけです。その時間帯に雨が降ってさえいなければ、降水確率が高かろうが傘は必要ないのです。
これは私の気のせいかも知れませんが、傘を持参した時には傘を使わないで済む日が多く、傘を持参しない日には傘が必要な日が多い様な気がします。この様な時は本当に悔しさと徒労感を覚えます。
逆に稀なケースではありますが、傘が必要と予報では言っていたが、傘を持たずにしかも必要にもならなかった場合です。この時ばかりは何とも言えない優越感と高揚感を覚えます。
そんな馬鹿みたいな賭けしてないで、折り畳み傘を忍ばせておけばいいじゃんという批判も聞こえてきそうですが、私は余り荷物を増やしたくない性格なのです。
ただ、今日の夜は風雨が強くなるという予報なので、私自身の当てにならないセンサーが傘を持っていけと警鐘を鳴らすので、傘を持参しています。

傘を持参するかどうかの私自身のせめぎ合い

究極の、美味しい手抜き料理を覚えてしまった

毎日料理はしますが、基本手抜き料理。
手抜きですが、アンチエイジングはからだの中から、と思っているので、
栄養がかたよらないよう、野菜もたっぷりのメニューを心掛けています。
でも、料理がストレスになって、眉間にしわがよってしまっては
せっかくのアンチエイジング効果が逆効果。
だから、アンチエイジングのためにも手抜き料理!と思っています。
しかし、ややこしいことに私は食いしん坊。
まずいものを食べると損した気持ちになり、グレそうになることも。
だいたい、美味しいもの(高級でなくても良い)を食べるために
毎日、仕事に、家事にと頑張っているのに、まずいもの食べていられますか。
日々の憂さ晴らしは、美味しいものです。
そんな私が最近覚えた、しかも家族にも評判の良い手抜き料理が
「春菊のサラダ」。
作り方は笑ってしまうくらい簡単。
良く洗った春菊を、良く水切りして、食べやすい大きさに切って、
塩コショウ、ゴマ油かけて混ぜるだけ。それだけ。
生のまま食べる春菊って、クセになるくらい美味しいです。
今まで、鍋物かおひたしくらいしか食べ方を知らなかったのですが、
家族にも評判良いので、しばらく続けます。
春菊のサラダ。

究極の、美味しい手抜き料理を覚えてしまった

何があってもぶれない夢を叶えたママ友の話

最近、ママ友の一人が夢を叶えてカフェをオープンさせました。20年前からコーヒーの勉強を続け、5人の子供を育てながら仕事も続けました。5人も子供がいるのですから子育ての苦労も大変なものです。うまく学校になじめない長女、サッカーに燃える次男、離れて生まれた甘えん坊の四男。いろいろな事がありながら、何故彼女はモチベーションを保てたのか不思議でなりませんでした。コーヒーが大好きで指導者の資格を取るまでになりましたが、コーヒーだけでなく、インテリア、雑貨、ファッション・・・生活そのものがカフェ準備のようなこだわりでした。そのおかげか期待どうり、とっても素敵なお店ができあがりました。ハンドメイドの素敵なアクセサリー、海外から輸入されたインテリアグッズ、こだわりのドリンク、彼女のセンスが輝る品揃えです。しかし、価格にしても、メニューにしても再検討を続けなければならないようです。勝負はこれからです。固定客がつくまでまだ時間がかかると思いますが、ずっとずっと応援したいお店です。

何があってもぶれない夢を叶えたママ友の話